ファナック、IoT使いロボット故障予知 米で実績

2017/3/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「つながる工場」を掲げて昨年来、機械やIT企業との協業を急ぐファナック。孤高を貫いてきたロボット世界大手の変節に日本では驚く声も多いが、源流には米国法人での取り組みがある。数年前に細々と始めたロボットの稼働管理サービスの契約数はすでに1万台を突破。米ゼネラル・モーターズ(GM)などで故障予知の実績を積み、企業活動にも変化が芽生え始めている。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を実践する現場を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]