/

この記事は会員限定です

所有かシェアか、「無人運転」が迫る未来

[有料会員限定]

政府は成長戦略をつくる未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で、2020年に達成すべき自動運転に関する2つの実用化目標を掲げた。高速道でのトラックの無人隊列走行と、無人運転車による移動サービスの実現だ。政府が作成した資料に多数並ぶ「無人」の文字は、20年を完全自動運転の普及元年としたい強い意向の現れといえる。政府の動きは運転手ありきの立場を崩さない自動車メーカーを揺さぶる。

メーカーは運転手ありきが前提

「究極の願いである交通事故死傷者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン