インタビュー

フォローする

元ロッテ・渡辺俊介氏に聞く WBCかく戦え
06、09年大会連覇に貢献

(1/2ページ)
2017/2/28 2:00
保存
共有
印刷
その他
 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕が迫ってきた。日本代表は台湾プロ野球選抜や阪神、オリックスと計4試合を行い、本番に備える。重圧がかかる国際大会にはどのような心構えが必要か。2006、09年の2大会に連続出場し、連覇に貢献した元ロッテの渡辺俊介氏(現新日鉄住金かずさマジック投手兼任コーチ)にWBCに臨むにあたってのポイントを聞いた。

――初戦のキューバ戦(3月7日)が近づいてきた。

「我々のときの強化合宿は選考を兼ねていて落選するリスクもあったが、今回は改めてアピールする必要はなく4日間の短期集中型だった。精神的な負担は少なかっただろう。侍ジャパンが常設されてスタッフ間の意思疎通やチーム方針はすでに共有できているはず。そこの心配はいらない」

唯一のメジャー選手、アストロズの青木は貴重な存在だ=共同

唯一のメジャー選手、アストロズの青木は貴重な存在だ=共同

「強化試合に入ると嫌でも緊張感が高まってくる。実力のある選手ばかりだから勝ち方を知っていると思うが、誰がリーダーとなってチームを引っ張るか。うまくいかないときほどそういう選手が必要だ」

「当時はイチローさん(現マーリンズ)らメジャー選手が多かった。『野球』ではなく『ベースボール』、楽しむという感覚をグラウンドの中でも体現してくれていた。勝つことを宿命づけられた重圧のなかで大きな存在だった。メジャー選手の言葉でチームが落ち着いたし、(勝ち進んで)米国に行っても臆することがなかった」

――今回は青木宣親(アストロズ)がその役目を担う。

「そうですね。唯一のメジャー選手なので貴重です。個人的には筒香嘉智(DeNA)にも期待している。彼はドミニカ共和国のウインターリーグに武者修行にでて(ラテンの)陽気な独特の雰囲気の中で野球をした経験を持つ。あのような空気に面食らうことなく、集中して打席には入れるはず。彼が発する一言はチームにとって大きいのではないか」

――強化試合ではWBC公認球の扱いを見極める最後の機会になる。

「WBC球は一つ一つ異なり、少しゆがんでいたり縫い目の隙間が違ったりする。日本の球と比べてリリース時に全くつぶれないのも特徴だ。感覚では軟式と硬式くらい差がある。だから試合では強く握りすぎてしまう。慣れの問題も大きく、私は指先の感覚を研ぎ澄ますために日ごろから滑るものをつかむようにしていた」

連覇に貢献した渡辺俊介氏

連覇に貢献した渡辺俊介氏

「投手陣はオフから球質、変化球の切れが普段とどう違うのかを把握してきたはず。その上で今まで通りの配球でいいのかどうか。強化試合を通してバッテリー間で共通認識を持っておくことが不可欠だ」

「私はカーブの制球に苦労した一方、シンカーやスライダーは打者の手元で鋭く変化した。だから有効な球種中心のスタイルに変えた」

「準決勝、決勝の舞台となるドジャースタジアム(米ロサンゼルス)は日本よりも乾燥しているのでさらに注意が必要。しかもこの季節は肌寒くて汗をかかない。余計に滑るので心得ておくべきだ」

――大谷翔平(日本ハム)が抜けた投手陣の印象は。

「コントロールがいい投手が多く、ボールに適応さえすれば誰でも抑える力はある。普通にやれば大量点を取られることは考えにくい。あとは首脳陣がなるべく普段に近い精神状態で投げさせてあげること。先発、中継ぎなど起用法を明確に伝えておくことべきだ」

  • 1
  • 2
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

WBCコラム

1次リーグ各組の分析

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
渡辺氏はキーマンの一人に牧田を挙げている=共同共同

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕が迫ってきた。日本代表は台湾プロ野球選抜や阪神、オリックスと計4試合を行い、本番に備える。重圧がかかる国際大会にはどのような心構えが必要か。2 …続き (2017/2/28)

「目指すところは百パーセント」と大谷

 投打の二刀流で驚異的なプレーを連発し、昨季日本ハムを日本一に導いた大谷翔平(22)。今季は3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での活躍も期待される。「世界」へ歩みを進めるシーズン …続き (2017/1/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]