/

この記事は会員限定です

脱・痛勤 快適さ、金払っても

[有料会員限定]

電車は遅れるし、すし詰めで、会社に着くとぐったり。共働き社会で忙しさが増し、満員電車への不満が高まっている。ラッシュのストレスは働く意欲を減退させ、働き方改革にもつながる問題だ。人々がモノよりも心のゆとりを重視するようになったことや、東京都の小池百合子知事が「満員電車ゼロ」を公約に掲げたのを機に、個人や企業が脱「痛勤」に向けて発車オーライ。

620円、自腹で特急通勤

2月上旬午後6時45分。小田急電鉄の新宿駅で藤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2806文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン