2018年10月19日(金)

ハーボニー偽造 なぜ起きた?

(1/2ページ)
2017/2/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

1人当たり460万円かかる高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品事件から、1カ月が過ぎた。販売元のギリアド・サイエンシズは3月から偽造品対策を施した薬剤包装に変更し、事件はひとまず収束しそうだ。だが今後別の高額薬でも安く仕入れようとする薬局を狙って、同種の事件が続く懸念は残る。業界団体が再発防止に向けて動き始めた。

ハーボニーのパッケージは、3月から中身が見える透明シートに変わる

ハーボニーのパッケージは、3月から中身が見える透明シートに変わる

偽造されたハーボニーの薬価は1錠約5万5000円で、28錠入りボトルの薬価は150万円を超える。

患者の95%以上に効く有効性の高さが評価され、処方が拡大。2016年の売上高は2960億円(IMSジャパン調べ)と、15年比で2.5倍に増加した。国内の医薬品売上高では2位以下に1千億円以上の差を付けて、断トツのトップ製品だ。

ハーボニーを取り扱う正規卸は、スズケンなど数社に限られる。医療現場からの需要が強い大型ヒット薬の場合、卸各社は病院や薬局などに対しほとんど値引きせずに納入するのが実態だ。

医薬品の場合、薬価と卸の納入価格との差が、薬局や病院が受け取る利幅になる。新薬の場合、この利幅(消費税分は除く)はおおむね1割弱とされる。

だが、ハーボニーの利幅(同)は「わずか1%しかない」(大学病院関係者)。加えて高額薬だけに管理面のリスクも負担になる。

国内販売額トップのハーボニーは、品ぞろえに欠かせない新薬だが、薬局にとっては収益面のうまみが乏しく、しかも扱いが難しい薬と映る。「少しでも安く仕入れたい」との動機が働きやすい薬といえる。

従来はボトルタイプだった

従来はボトルタイプだった

それでも偽造の手口はずさんだった。

「偽造品というにはあまりにも手口が稚拙。なのに引っかかるとは」。事件に対し、こうぼやく製薬関係者は多い。

奈良県の薬局などで見つかったハーボニーの「偽造品」は、ボトルの中身を漢方薬やビタミン剤などに入れ替えただけ。ボトルを開けて中身を確認しさえすれば、簡単に見分けることができたからだ。

ハーボニーのボトルの開口部は、アルミシールで密封されている。薬の保存状態が変わってしまうため、薬局でシールを外して中身を確認することは、ほとんどなかったという。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報