/

この記事は会員限定です

樋口広太郎(12)生まれは京都、商人の子

やんちゃに育つ

[有料会員限定]

やんちゃ坊主 出生、2日の命と宣告 「商人の子」冷遇に反発心

大正の終わり、1926年1月25日、私は京都の出町で、布団屋を営む父、徳次郎と母、きみとの間に生まれました。

8カ月の月足らずで生まれたのですが、そのために、ちょっとした騒動になりました。父は樋口家に養子で入ったのですが、それから十月十日が経たないうちに私がさっさと生まれてしまったため、出生の知らせを聞いた父方の親戚が、「計算が合わない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1872文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン