2019年7月18日(木)

フルスイングの余韻(山崎武司)

フォローする

勇気感じる筒香の決断 商売道具へのこだわり

(1/2ページ)
2017/2/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

DeNAの筒香嘉智がバットの設計を変えたと聞いた。1月、岐阜県養老町のミズノテクニクスの工場に足を運び、芯の位置をわずかに下げた新しいモデルを削ってもらったという。

筒香は昨季、本塁打と打点の2冠に輝いている。マイナーチェンジであっても、バットの芯の位置を変えるのには勇気が要る。ましてや好成績をもたらしたバットをいじるのは大きな冒険だろう。だが、成功体験に甘んじることなく、さらなる進化を追い求める姿勢こそが、筒香をタイトルホルダーにしたのだとも思う。

WBC見据えての変更か

バットの設計を変える筒香の試みに、さらなる進化を追い求める意欲を感じる=共同

バットの設計を変える筒香の試みに、さらなる進化を追い求める意欲を感じる=共同

以前、筒香のバットを握らせてもらったことがある。いかにも長距離打者らしく、重心がかなり先にあるモデルだった。詳しいことはわからないが、ボールが飛ばないといわれる3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も見据えての変更かもしれない。いずれにしてもすごいことをやっている。

長さ、重心、バランス、素材、グリップの形状に太さ。バットは様々な要素が絡み合ってできている。自分に合うものを見つけるまでには時間がかかる。昔はある程度の実績がないと自分用のモデルなどつくってもらえなかった。若かった僕はいろいろな人のバットを借り、理想の一本を模索した。落合博満さんは三冠王にふさわしい最高級のバットを使っていた。最終的には中日のチームメートだったレオ・ゴメスのバットを基本に、自分なりの微調整を加えるようになった。

現在、素材は外国産のメープルが主流だが、僕は国産のアオダモにこだわっていた。外国産メープルは堅く、バットをボールにぶつけるような打ち方には向くのだろうが、しなりが感じられない。大リーガーに多いホワイトアッシュというのもあるが、これはしなりすぎる。国産アオダモはその加減がちょうどいいのだ。いまでは資源が希少になり、値段も張る。プロフェッショナルモデルだと1本5万~6万円以上すると思う。僕はメーカーの協力もあり、最後までアオダモを使わせてもらえた。

筒香同様、僕もミズノのバットを使い続けたが、養老工場には行かなかった。職人さんと話しながら削ってもらうと、どうしても「最も飛ぶバット」に行き着いてしまうからだ。理屈では、重心を先端に近づければ、より遠心力が働いて飛距離は伸びる。だが、理論のうえで飛ぶバットと実際に振りやすいバットは違う。1996年に本塁打王を取った後、さらに飛ばそうとバットを変えたがヘッドの返りが悪くなり、重心を元に戻したということもあった。

バットは結局、振ってみないとわからない。春季キャンプではお試しがてら少ない本数で2~3種類を用意してもらい、最も合うものをそのシーズンのモデルとしていた。僕は極力新しいバットを使いたいタイプだったので、しょっちゅう新品を下ろしていた。天然素材だから中には合わないものもある。そういうものは練習に回してしまうので、シーズン100本以上は使っていた。個人差はあるが、レギュラークラスの選手ならシーズン50本は下らないだろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

フルスイングの余韻(山崎武司) 一覧

フォローする
ロッテ・藤原は開幕1軍入りを果たすも結果を出せず2軍落ちした=共同共同

 プロ野球開幕から1カ月あまり、注目のルーキーたちがプロの壁にはね返されている。開幕1軍入りを果たした藤原恭大(ロッテ)は結果を出せず2軍落ち。4球団が競合した根尾昂(中日)はケガもあり、本領発揮には …続き (5/5)

藤原の軸足に体重を乗せての豪快な振りは、さすが3球団が競合した選手だけのことはある=共同共同

 2月は各球団の春季キャンプを回った。今年は外野手に楽しみな新人が多い。ドラフト1位で入団した彼らのプレーに注目してみた。
 まずはロッテの藤原恭大(大阪桐蔭高)。3安打を放った中日との練習試合を見たが …続き (3/3)

巨人の入団記者会見で原辰徳監督(右)とグータッチをする炭谷銀仁朗捕手=共同共同

 今年のストーブリーグは大物選手の移籍のニュースが次々に飛び込んできた。激しい争奪戦が繰り広げられ、羨ましいというほかない大型契約も結ばれた。野球選手はいつダメになるか分からない商売だ。稼げるうちに少 …続き (2018/12/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。