IoTでトイレの空室探し、KDDIが開始へ

2017/2/22 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

KDDIは、IoT(モノのインターネット)を活用したクラウドサービス「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」と「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」を2017年3月以降に開始する。オフィスビルなどの公共トイレ向けとなる。

トイレ空室管理は、トイレの個室扉にマグネットセンサーを設置し、BLE(Bluetooth Low Energy)やWi-Fiで開閉状況を送信する。各センサーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]