/

この記事は会員限定です

「EU離脱はチャンス」 英製薬産業の強気

業界団体トップのトンプソン氏に聞く

[有料会員限定]

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)通告が3月に迫ってきた。脱工業化・知識集約型産業へのシフトで欧州の先頭を走ってきた英国において、製薬産業はその代表格。グラクソ・スミスクラインなどが本社を構え、国外からヒトや投資を呼び込んできた。英国で生まれた新薬は多く、国内の研究開発投資も支える。英製薬産業協会(ABPI)のマイク・トンプソン最高経営責任者(CEO)はブレグジットが好機になると主張する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2744文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン