/

[FT]インドの電力安定供給、資金難で遠のく

Financial Times

インドでは、送配電会社から発電会社への支払いが資金難で滞っており、13億人の国民に安定した電力を供給する壮大な計画が失敗の危機にひんしている。

2014年に政権を握ったモディ印首相は、19年までに安定した電力供給を行い、頻発する停電をなくすと公約していた。停電は数十年間国民を悩ませ続けており、アナリストは成長の大きな足かせだと指摘している。

だが、業界幹部らはフィナンシャル・タイムズ紙に対し、同国の少なくとも4州の公益事業者による発電会社への支払いが数カ月遅れていると語った。

これは、同国に必要な新たなインフラの整備でモディ氏があてにする発電会社が、新たなプロジェクトを承認できず、一部では破綻のリスクもあることを意味する。

数カ月間支払いを受けていない電力会社のある幹部は「新規プロジェクトに投資できない域に達している。株主全員が、いつ支払われるのかを知りたがっている」と話した。

州の送配電会社が財政難に直面し、発電会社への支払いが滞っていることは、長い間、同国での安定した電力供給をここまで困難にしている主だった要因だ。

インドでは電気料金の規制が厳しい。電気料金は多くの場合、発電コストを超えないよう設定されており、不足分は州政府が補う。だが、州政府がその支払いを行った場合でも遅れることが多いため、送配電会社は多額の損失を被り、発電会社に支払いができない状況に陥っている。

同幹部は「規制当局は地元の政治家から電気料金を上げないよう圧力を受けている。値上げしなければ、再選されやすくなるが、我々の給与支払いの助けにはならない」と述べた。

HDFC銀行のアナリストによると、送配電部門全体の15年の損失は、多くの企業で徐々に効率化が進んだため、13.5%減の87億ドルだった。だが、負債総額は約640億ドルと高い水準のままだ。

ニューデリーのエネルギー資源研究所のアジャイ・マスール所長は「送配電会社は電力を供給して損失を出すくらいなら、むしろ荷を下ろす(送電を停止する)ことを選ぶ」と話す。

同国政府は15年に、送配電会社の財務健全性を回復するための救済措置に乗り出した。業績の改善と引き換えに、送配電会社の債務を州政府が肩代わりするというものだ。

だが、Udayとして知られるこの救済措置の条件下では、送配電会社は発電会社への支払いを目的とした短期借り入れができない。

資金調達のプレッシャーは発電会社に

発電会社は、これがまた別の問題を生んだと指摘する。再生可能エネルギー発電企業、リニュー・パワーのスマント・シンハ最高経営責任者(CEO)は、「運転資本調達のプレッシャーは、送配電会社の融資銀行から発電会社に移った。我々は今や、送配電会社のために運転資本を調達しているようなものだ」と語った。また、地方の規制当局は依然として電気料金の値上げを渋っている。例えば、マハラシュトラ州の送配電会社、マハビタランは7.9%の値上げを提案していたが、同州の規制当局は15~16年に電気料金の5.8%の引き下げを命じた。

こうしたことを背景に、同国の消費者が支払う電気料金の水準は欧米諸国を大きく下回っている。同国の1世帯が払う料金は1キロワット時あたり2~8セントだ。一方、ドイツでは30セント近くが支払われている。

デリーのエネルギー・環境・水委員会のアルナバ・ゴーシュ委員長は、「Udayの本当の試練は、この救済措置に署名した州の損失をただちにあぶり出すことではなく、電気料金の値上げを行う意思が示されるかどうかだ」と述べた。

政府はこの問題を認識している。再生可能エネルギー省のラジーブ・カプール次官は今月、「我が国の電気料金は経済原則に基づいていない」と述べた。

同省は発電会社に対する送配電会社の負債の総額を明らかにしなかった。また、いずれの送配電会社も取材に応じなかった。

By Kiran Stacey

(2017年2月20日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン