/

この記事は会員限定です

小谷光浩氏、小佐野神話を壊した男

市場経済研究所代表 鍋島高明

[有料会員限定]

昨今話題の経済書「住友銀行秘史」(国重惇史著)、「バブル」(永野健二著)の2冊に、小谷光浩が登場する。バブル経済期を象徴する買い占め王として最も派手に立ち回り、バブルがはじけて失墜した。

「小谷光浩氏は派手な仕手戦や地上げなどマネーゲームで一気に名を上げたバブルの申し子のような人物で、『1000億円を自由にできる男』との異名も持っていた」(「住友銀行秘史」)、「小谷については、国際航業を舞台に初の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン