アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]インドの大気汚染は中国以上に深刻

(1/2ページ)
2017/2/15 15:31
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 インドが大気汚染を原因とする死者の数で中国を追い抜こうとしている――。米健康影響研究所(HEI)が14日に公表した調査でわかった。大気汚染は環境関連の死因では世界最大の脅威となっている。

 同調査によると、中国およびインドは2015年、大気汚染が原因でそれぞれ約110万人が若くして死亡した。最多の中国と2位のインドの差はわずか1万8000人だった。大気汚染は死因では5番目に浮上した。

 インドでは料理の煮炊きに家庭で固形燃料を使う。石炭火力発電所や焼き畑、工場からの排煙、自動車の排ガスなどもあり、微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度は世界最悪レベルだ。PM2.5とは、大気中に浮遊する直径2.5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル以下の微粒子をいう。

 PM2.5の濃度が高い中国では、大気汚染による死者数が何年も他国を上回ってきた。

 しかし、この10年では大気汚染関連死が若干減少している。一方、インドでは増加した。HEIの調査によると、05年は約90万人だったが、15年には110万人をわずかに下回るまでに増えた。

 全世界で見ると、大気汚染が原因の15年の死者数は420万人で、10年前と比べ7.5%増えた。汚染された空気は、死因では今や高コレステロールと肩を並べ、塩分の過剰摂取や肥満をも上回ったことが調査で明らかになった。

 HEIのロバート・オキーフ副所長は「世界保健機関(WHO)や世界銀行、国際エネルギー機関(IEA)などでは、大気汚染が世界的に公衆衛生上の大きな課題となっていると認識されている」と言う。「成長著しいアジア諸国ほどその危険が顕著なところはない」

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

大気汚染PM2.5

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アジアのドル債市場は拡大傾向にある(米ドル紙幣)=ロイター

ロイター

[FT]中国が夏枯れ吹き飛ばすアジアのドル債市場 [有料会員限定]

 調査会社ディールロジックのデータによると、アジア(日本、オーストラリアを除く)におけるドル建て債券発行額は7~8月の2ヵ月間に393億ドル(約4兆3600億円)に達し、過去最高を記録した。背景には中…続き (9/19)

中国でのリコールで打撃必至の独フォルクスワーゲン(VW)=ロイター

ロイター

[FT]VWが中国で大量リコール、タカタ製エアバッグ欠陥で [有料会員限定]

 独フォルクスワーゲン(VW)はエアバッグ問題に関して、中国で販売した486万台をリコール(回収・無償修理)する。VWは今年、中国で品質や販売に関するトラブルが続出しており、さらなる打撃となる。
 中国…続き (9/15)

成長著しい中国の航空機市場はボーイングにとって最も重要な市場の一つだ=ロイター

ロイター

[FT]米中貿易戦争が勃発したらボーイングは格好の標的 [有料会員限定]

 盛んに喧伝(けんでん)されたトランプ米大統領の「戦略・政策評議会」が今春、2度目にして最後となる会合を開いた際、大統領は十数人の最高経営責任者(CEO)に向かって、米財務省は正式に中国を「為替操作国…続き (9/14)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]