2018年11月17日(土)

電動化時代の競争軸「静粛性」 高級車から大衆車へ
200万円でも「静かなクルマ」(上)

(1/3ページ)
2017/3/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「静かなクルマ」と言えば、500万円を超えるような高級車の代名詞であり特権だった。だが、ここに来て200万円台の普及価格帯の車両で静粛性が大きく向上し始めている。

透けて見える自動車メーカーの思惑は、電動化時代への備え。静粛性向上に関する“技術の棚"の充実を図れれば、電動車両にも活用できる。一つひとつの取り組みは地味だが役に立つ。各社の主力車種の工夫を追った。

「現行車から性能を最もジャンプアッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報