メジャーリポート

フォローする

WBC連覇狙うドミニカ、戦力充実のスター軍団
スポーツライター 杉浦大介

(3/3ページ)
2017/2/13 6:30
共有
印刷
その他

「ドミニカ共和国に限った話ではないが、ラテンの選手たちはソーシャルメディアなどで出場決定を熱狂的に喜び、逆に選ばれなかった選手たちは悔しさを公言していた。ブライス・ハーパーが不参加を表明しても何の騒ぎにもならない米国とは選手、ファンともにWBCへの思い入れが違うんだ」

プエルトリコも対抗意識燃やす

トーレス記者が示唆する通り、WBCに熱い情熱を燃やしているのはプエルトリコ、ベネズエラなども同じだろう。ライバルのドミニカ共和国が前回大会を制したことで、よりモチベーションをかき立てられているに違いない。ラテン諸国のこの前向きなライバル意識こそが、WBCをより興味深いものにする要素である。

冒頭で述べたESPNのショーエンフィールド記者は、全16チームをランク付けした実力ランキングでドミニカ共和国を堂々の1位に据えた。米国、ベネズエラ、日本、プエルトリコが2~5位に続く。そのほか、韓国やメキシコ、キューバ、オランダなども好チームをつくってきそうで、実に興味深いトーナメントになりそうである。そんな中でも、前回覇者ドミニカ共和国、さらにはその撃破に執念を燃やす中南米諸国のつばぜり合いが今大会の最大級の見どころになる。

陽気なスター軍団、ドミニカ共和国の再びの快進撃に対する期待は大きい。彼らが情熱的なベースボールを展開し、ビジネスライクな米代表の闘志にもついに火をつける展開になれば、WBCはよりエキサイティングなイベントになるに違いない。

メジャーリポートをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
共有
印刷
その他

WBCコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする

 強豪が集った2次リーグを勝ち抜き、2大会ぶりに4強入りした米国はチームの雰囲気も上々だ。日本戦で先発するロアークが「自分にもチームにも大一番になる。責任を果たしたい」と語れば、1997年にマーリンズ …続き (2017/3/21)

 圧巻の破壊力で1次リーグ3連勝……。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の前回覇者、ドミニカ共和国は今大会でも好スタートを切った。前大会から通算11連勝。母国のファンの強力なサポートを受け、 …続き (2017/3/14)

ドミニカ共和国はクエトらが先発の二枚看板=共同共同

 海の向こうでは一流のメジャーリーガーが続々参戦を決めた。初優勝を狙う米国をはじめ、2連覇を目指すドミニカ共和国やベネズエラ、プエルトリコからは過去とは違う本気度が伝わってくる。
 2009年の4強が最 …続き (2017/3/1)

ハイライト・スポーツ

[PR]