スペシャル

フォローする

48歳伊沢 もう一花 元賞金王、本気のツアー復帰
スクール閉め鍛錬、スイングも改造

2017/2/10 15:00
保存
共有
印刷
その他

かつて、A・パーマーに「キング・オブ・スイング」と絶賛された2001、03年の賞金王、伊沢利光(48)が、ツアーに戻ってきた。"賞味期限"は1年の、生涯獲得賞金ランク25位以内(10億785万円=ランク10位)の資格で先月のSMBCシンガポールオープンから2試合を戦った。

伊沢は10年ぶりの17勝目を目指す=共同

伊沢は10年ぶりの17勝目を目指す=共同

度重なる故障やドライバーショットの不調が原因で大スランプに陥った伊沢は、12年11月の試合で姿を消した。14年夏からは福岡・博多駅前に「伊沢ゴルフアカデミー」を開校。東京でもアマチュアを指導してきた。だが昨夏の日本プロで4年ぶりにツアー出場(予選落ち)。スクールの看板も下ろし、来月2日で49歳になる今季、本格復帰を果たした。

5カ月前にトレーニングをスタート。18年からの復帰を考えていたようだが「それまで、モチベーションが持たない。練習では結構いいプレーができている」とプランを前倒しした。ただ開幕戦は初日に3パットボギーが2回、池ポチャによるトリプルボギーもあり7オーバーと出遅れ、予選落ち。それでも左右に散らばったり、狙いとは反対の「逆球」は出たりせず、安心したという。

ミャンマーでも予選落ちしたが、海外での2試合はいわば長年のブランクのさび落とし。「ゴルフにミスはつきもの」と昔のようにいら立つことはない。アマへのレッスンを通じて発見したことは多く、スイングも改造してきた。

実戦でのプレーを検証しながら、地元福岡のレイクサイドCC(飯塚市)で練習。3月は九州のローカル大会に出場し、4月中旬の国内開幕戦(三重)に備える。目指すは10年ぶりの17勝目、賞金シード返り咲き。雌伏の時を経たベテランの挑戦が楽しみだ。

(吉良幸雄)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする

新型コロナウイルスの世界的流行によるゴルフの大会中止や延期で、2020年最初の海外メジャーとなる全米プロ選手権(優勝賞金198万ドル=約2億円)が6日(日本時間同日深夜)、サンフランシスコのTPCハー …続き (8/6)

妻と2人、ジグソーパズルで時のたつのを忘れる(本人提供)

ゴルフのPGAツアー3勝を含む米欧9勝を誇り、3月の凍結時点での世界ランク2位につける25歳、ジョン・ラーム(スペイン)は、昨年12月に結婚した妻と新型コロナウイルスの感染拡大を避けるため米アリゾナ州 …続き (5/3)

畑岡は参戦2年目の米ツアーで目覚ましい飛躍を遂げた=共同共同

 ゴルフ界で、海外を主戦場とする選手が増えている。2019年、米ツアーでは日本人男子初のメジャー制覇を狙う松山英樹(26)が参戦6年目。18年春に米ツアー初優勝を飾った小平智(29)は2季目で真価が問 …続き (2019/1/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]