スペシャル

フォローする

ゴルフ外交に透けるトランプ氏の思惑
ゴルフジャーナリスト ジム・マッケイブ

(1/2ページ)
2017/2/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

"Business before pleasure"(遊ぶ前に仕事)

米国には、そんな言い方がある。

ドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三首相は、10日に首都ワシントンDCで首脳会談を行ったあと、翌日はトランプ大統領の別荘があるフロリダ州パームビーチでゴルフを楽しんだ。

11日、米フロリダ州でゴルフを楽しみ、ハイタッチする安倍首相とトランプ米大統領(同大統領のツイッターより)=共同

11日、米フロリダ州でゴルフを楽しみ、ハイタッチする安倍首相とトランプ米大統領(同大統領のツイッターより)=共同

首相とゴルフ場で合うそれなりの意図

仕事をしてからゴルフ――。二人は古い言い回しに従ったかに映るが、安倍首相がそのつもりでも、トランプ大統領はそう考えていないかもしれない。おそらく彼にしてみれば、"Business before business"(ビジネスの前にビジネス)。これまでの言動を振り返っても、トランプ氏はゴルフをビジネスと割り切っているふしがある。

選挙前もテレビ番組に出演すると、それをほのめかした。

「ゴルフコースで親友をつくることができるとこれまでに何度も言ってきたが、ゴルフがなければ、まとまらなかった商談がある」

もちろんビジネスと外交は違うが、トランプ氏が安倍首相と会うのにわざわざゴルフを選んだのは、それなりの意図が含まれていると考えたほうがいい。

トランプ氏は選挙前、バラク・オバマ前大統領が、ゴルフをしすぎだと批判してきた。それでいて、いきなり大切な日米外交の場をゴルフコースに設定したのは皮肉だが、トランプ氏はこう主張するだろう。私のゴルフはオバマ氏のそれよりも戦略的だ、と。

貿易、為替…ターフの上の神経戦

実際、先ほど紹介したテレビインタビューでは、大統領になることを見越した上でこう明言している。

「ゴルフばかりすべきじゃない。でも、ゴルフをするとしたら、それを通じて国の利益になるよう利用すべきだ」

トランプ氏としては、貿易、日米同盟、為替といったそれぞれ神経質な問題を、自分のホームフィールドに誘い込んで、有利に話し合いを進めたいと考えたか。

結果としてトランプ氏が自分のペースに巻き込むのか、安倍首相がアウェーで粘って譲らないのか、その見通しを論じるのは難しいが、ひとつ、オバマ氏の名誉のために書き添えると、彼は、英国のデビッド・キャメロン前首相とゴルフをしたこともあったが、決してそれを政治の駆け引きに使うことはなかった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
畑岡は参戦2年目の米ツアーで目覚ましい飛躍を遂げた=共同共同

 ゴルフ界で、海外を主戦場とする選手が増えている。2019年、米ツアーでは日本人男子初のメジャー制覇を狙う松山英樹(26)が参戦6年目。18年春に米ツアー初優勝を飾った小平智(29)は2季目で真価が問 …続き (1/2)

 あと一歩だった。1日に閉幕した米女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権(イリノイ州)で、首位と9打差の23位から出た畑岡奈紗(19)は8アンダー、64と猛追。朴城炫、柳簫然の韓国勢と通算10 …続き (2018/7/2)

 日本でプレーしながら、海外志向をたびたび口にしてきた。憧れのツアーで小平が好機を呼び込み、栄冠をつかんだ。6打差12位からの大逆転劇。「(米ツアーは)目指していた舞台なので本当にうれしい」。満面に笑 …続き (2018/4/16)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]