/

この記事は会員限定です

まだある波乱の芽、異例ずくめの韓国大統領選

電子版アジア編集長 山口真典

[有料会員限定]

朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追を受けて憲法裁判所の審査が続くなか、すでに韓国では次期大統領選挙を巡るせめぎ合いが過熱している。与党の有力候補に目された潘基文(バン・キムン)前国連事務総長が出馬辞退を表明。世論調査では最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が他を大きくリードするが、過去の大統領選は「投票日まで何が起こるかわからない」歴史を繰り返してきた。大統領罷免の可能性をは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2468文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン