2019年8月20日(火)

ボール任せ 風任せ

フォローする

ギャラリー・ファースト、日本ゴルフ界が進むべき道
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2017/2/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

5日に終了した米男子ゴルフのフェニックス・オープンで、松山英樹が4ホールのプレーオフを制して大会2連覇。日本選手として最多の米ツアー通算4勝目を飾った。

メジャータイトル獲得に夢が広がるその強さに圧倒されるばかりだが、大会が行われたアリゾナ州フェニックスのTPCスコッツデールにつめかけた観客の多さ、さらにそれを迎えるために設置された観客席のスケールなどは、日本では到底考えられないもので、ため息が出るほどのすごさである。

総観客数は大会新の65万人超

1月30日の月曜日から始まったトーナメント・ウイーク。2月5日の日曜日まで7日間の総観客数はなんと65万5434人! 昨年の約62万人を抜いて大会記録を更新。ゴルフトーナメント最高記録となった。大会3日目(4日=土曜日)の20万4906人も新記録だった。

「1日のギャラリーが20万人?」。信じられないような数字である。ちなみに最終日が5万8654人と少なかった(?)のはここ10年ほど、米プロスポーツ最大のイベントでプロフットボール、NFLの王者を決めるスーパーボウルと日程が重なっているためで、例年のこと。

観客席も桁外れ。大会3日目に松山が、あわやホールインワンのピンそば40センチにつけたときに大歓声が上がった16番(パー3、162ヤード)は、ティーグラウンドからグリーンまでが観客席で囲まれており、このホールだけで2万人の収容能力がある。

日本でよくみられる10段ほどのギャラリースタンドの後方に、屋根付き3階建てビルのような観客席があるので、下からだと、観客席が4層になって見える。そんなスタンドがコース内のあちこちにある。まさに「ゴルフスタジアム」である。

いかに楽しんでもらうか

全米にテレビ中継もされるが、要は、いかにギャラリー、お客さんに楽しんでもらうかに徹した結果であろう。

比較するのが寂しくなるが、日米の差にがく然とする。昨年の日本オープン(埼玉県狭山GC)は松山、石川遼、アダム・スコット(オーストラリア)のそろい踏みで話題となり、練習日から通算で4万6473人の大ギャラリーが詰めかけたが、フェニックス・オープンの65万人に比べると……。

米ツアー並みにというのは無理としても、日本も本気で「お客さんに来てもらう」ことを考えなくてはいけない時期に来ている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。