/

五輪ゴルフ会場、名門・霞ケ関CC 迫られる変革

正会員男性のみ、7日にも理事会

2020年東京五輪のゴルフ会場となる霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)が女性の正会員を認めていないことに対し、国際オリンピック委員会(IOC)が「あらゆる差別を認めない五輪の精神に反する」と改善を求めた。大会組織委員会や日本オリンピック委員会(JOC)からもIOCの要求受け入れを求められた霞ケ関CCは7日にも理事会を開いて対応を協議するが、「なぜ、今になって?」という戸惑いの声も聞こえてくる。

霞ケ関カンツリー倶楽部の創設は90年近い歴史を誇る名門コース(C)Tokyo 2020

IOCから組織委に改善要求が届いたのは先月27日。正会員は男性のみで、女性は週日会員や家族会員にしかなれないのは「IOCの精神に反する」とした。小池百合子都知事や丸川珠代五輪相もIOCに同調、相次ぎ「違和感」を表明した。

霞ケ関CCが"女人禁制"なわけではない。現在212人の女性会員が在籍。倶楽部運営のための各委員会に参加し、閑散期は日曜日もプレーできる。年間でプレーできないのは30日程度だ。ある女性会員も「差別されている意識はない。女性会員も活発に活動して開かれているし、これでいいと思っていた」と戸惑いを口にする。

霞ケ関CCは過去に日本オープンが4回、日本女子オープンも1回開催された名門コース。1957年のカナダカップ(現ワールドカップ)では中村寅吉が小野光一とのペアで団体と個人で優勝、第1次ゴルフブームを巻き起こした。世界のトップ選手が尊ぶコースの歴史、レイアウトも申し分ない。40年以上にわたって8月に日本ジュニア選手権が行われ、中高生ゴルファーには球児における甲子園のような存在でもある。

多くのゴルフ場は会員の社交場として歴史を紡いできた。発祥の地とされる英国など海外には男性オンリーだけでなく、逆に女性会員限定のゴルフ場もある。ただ国際大会となれば話は別。五輪憲章や14年にIOCが採択した「五輪アジェンダ2020」では完全な「男女平等」をうたい、昨年のリオデジャネイロ大会で112年ぶりに五輪に復活したゴルフも無縁ではいられなくなった。

霞ケ関CCの木村理事長(1月31日、さいたま市)=共同

実際、12年にはマスターズが行われるオーガスタ・ナショナルGCにライス元米国務長官ら2人の女性が初めて入会、14年秋には英セントアンドルーズが"門戸開放"を決めた。その一方で、全英オープンを16回開催しているミュアフィールドは昨年、会員の投票で女性会員を認めないという結論を下し、全英を主催するロイヤル・アンド・エンシェントクラブ(R&A)はミュアフィールドを会場から外すことを決定した。

今回の騒動で霞ケ関CC側が首をかしげているのは「なぜ、このタイミングなのか」ということだろう。霞ケ関CCは国際ゴルフ連盟(IGF)から承認を受け、自前で十数億円をかけて五輪で使用される東コースを改造中。IGFも既に10回以上視察に訪れ、進捗状況をチェックするなど準備は進んでいる。

評論家の大宅映子さんらがつくる「日本ゴルフ改革会議」は、暑さや交通アクセスの悪さなどを指摘し、若洲ゴルフリンクス(東京都江東区)に変更する要望書を組織委や小池知事に出した。だが、組織委によると若洲は練習場などが五輪会場の規格を満たしておらず、日本ゴルフ協会(JGA)の山中博史専務理事は「我々もIGFも霞ケ関CCが一番、ふさわしいコースだと考えている」と話す。

事実上、他に選択肢がない中で、まずは霞ケ関CCの対応が焦点。理事会を開いて会員規定を定めた細則の変更を議論するが、約1300人いる総会にも諮るといい、反対意見が出ないとも限らない。一日も早い事態収拾が望まれる。

(吉良幸雄)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン