金融庁検査、短期決戦から長期戦にシフト

政策研究
コラム(経済・政治)
2017/2/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「本当に重要なのは2回目以降になる」。金融庁幹部がこう話すのは金融機関への検査だ。

かつて金融庁の検査といえば、不良債権につながりかねない貸し出しを厳しくチェックし、貸し倒れに備えた引当金を迫る「短期決戦」だった。検査結果次第で決算数字が大きく変わることも珍しくなく、金融界から恐れられてきた。しかし、こうした手法は過去のものになりつつある。

金融庁検査官 「中期経営計画では貸出額も利益も伸びる見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]