/

この記事は会員限定です

「スー・チー後継」剛腕ヤンゴン首長が存在感

[有料会員限定]

アウン・サン・スー・チー国家顧問が政権を主導するミャンマーで、最大都市ヤンゴン管区の首相を務めるピョー・ミン・テイン氏の剛腕ぶりが注目を集めている。地方政府トップとして外資の誘致や交通渋滞など都市問題の解決に猛スピードで取り組む。汚職疑惑を報道したメディアとの対立などあつれきも生じているが、その実行力から"ポスト・スー・チー"の筆頭格に浮上してきた。

2011年の民主化以降、ヤンゴンの道路には中古...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン