勝負はこれから(WBC編)

フォローする

大谷のWBC欠場で見えた侍ジャパンの課題
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2017/2/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表から日本ハム・大谷翔平がはずれたことの波紋は大きい。しかし故障のリスクは誰にでも、常につきまとっている。これを2020年東京五輪などの国際大会の教訓にできるかどうか、今後に目を向けるべきだろう。

大谷本人にとっても無念の決断であったことは、1月に自主トレを公開したときの表情を振り返っても想像がつく。

WBCについて「始…

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから(WBC編) 一覧

フォローする
試合前、ユダヤ教徒が使う小さな丸帽子「キッパ」をかぶって整列し、国歌を聴くイスラエルの選手たち=共同共同

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、韓国などを破って2次リーグ進出を果たしたイスラエル。米マイナーリーグの選手が主体のチームは米国の第2、第3代表との指摘もあったが、新勢力の躍進は野球の …続き (2017/3/21)

オリックスに勝利し、秋山(背番号55)とタッチする小久保監督=共同共同

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で王座奪回を目指す日本は今日7日、1次リーグ初戦のキューバ戦を迎える。5日のオリックス戦まで、直前の強化・調整に当てられた5試合で日本は2勝3敗。手 …続き (2017/3/7)

大谷(右)のWBC不参加を発表する小久保・日本代表監督=共同共同

 野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表から日本ハム・大谷翔平がはずれたことの波紋は大きい。しかし故障のリスクは誰にでも、常につきまとっている。これを2020年 …続き (2017/2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]