/

この記事は会員限定です

「やる気が出ない」原因の脳内部位を特定 慶大など

[有料会員限定]
日経テクノロジーオンライン

慶応義塾大学と北海道大学、防衛医科大学校、自然科学研究機構らの共同研究グループは2017年2月2日、マウスを用いた実験で「やる気が出ない」(意欲障害)の原因となる脳内の部位を特定したと発表した。大脳基底核と呼ばれる脳領域の限られた細胞集団が障害を受けるだけで意欲が阻害されること、この細胞集団が健康でないと意欲を維持できないことを発見した。

認知症などの神経変性疾患、脳血管障害や脳外傷などの脳の障害...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン