アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]香港の大富豪失踪 中国が送った恐怖のサイン

(1/2ページ)
2017/2/6 6:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 まるで下手なスリラーの筋書きのようだ。中国の億万長者が旧正月(春節)の前日未明に、女性ボディーガードの取り巻きとともに、住まいとしている香港フォーシーズンズホテルの部屋に座っている。女性たちは彼を守るだけでなく、額や背中の汗をふくために雇われていた。

 そこへ突如、中国本土から来た5~6人の公安警察が押し入り、ボディーガードたちをなぎ倒す。富豪を高級ホテルから連れ去り、そしてこっそり本土へ運ぶのだ――中国共産党の激怒を目の当たりにさせるために。

 これは粗悪なカンフー映画の脚本ではない。問題の億万長者は中国有数の政治的なコネを持った大富豪、肖建華氏だ。1月27日に香港金融街の中心部で起きた同氏の誘拐は、この街を根底から揺るがしている。

 英国が1997年に香港を中国へ返還したとき、中国政府は香港に50年間の「高度な自治」を保証し、香港の独立した裁判所や報道の自由、効率的な官僚機構にはおおむね手をつけなかった。

 この取り決めには、中国本土の機関を含め、香港以外のどんな法執行機関も香港領内で活動することは許されないという重要な規則がある。香港の書店関係者5人が中国の工作員によって拉致された事件から1年あまり。中国の指導者たちの私生活に関して体面の悪い本を出版したのが理由だった。今回の香港法の違反は、香港の信頼性にひどい打撃となる。

 香港の政府と保安局は、肖氏の拉致に加担したか、職務怠慢によって鼻先で事件発生を許したか、どちらかなのだ。

■超富裕層へメッセージ

 国際金融センターとしての香港の地位は今、書店関係者の失踪事件以上に大きな傷を受けた。あの事件では、諸外国の企業人や銀行関係者、そして実際、報道記者らは恐らく納得できた――つまり拉致された人たちは中国の政治家に関する噂から何とか生計を立てている小者の出版関係者だったからだ。だが、肖氏は60億ドルの資産を持つ富豪で、その政治的なコネには、少なくとも3人の「太子党」(共産党の指導者の子供たちの呼称)との緊密な関係が含まれる。あるときには、習近平国家主席の姉から会社を買ったことさえある。

 近年、グラクソ・スミスクラインやリオ・ティント、オーストラリアのクラウンカジノを含め、数多くの西側企業の経営幹部が中国本土で拘束された。明らかに会社に圧力をかけ、同業他社への見せしめとすることを狙ったうさんくさい嫌疑で拘束されることもあった。

 今まで香港は、警察と司法の恣意的な行為から逃れられる安全な場所と見なされていた。だが肖氏の失踪を受け、グローバル企業はこれを考え直さなければならない。中国本土でも、同氏の拉致は、すでに習氏に戦争を仕掛けられたと考えている超富裕層には恐ろしいメッセージだ。資本逃避のペースを加速することにもなるだろう。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アジアのドル債市場は拡大傾向にある(米ドル紙幣)=ロイター

ロイター

[FT]中国が夏枯れ吹き飛ばすアジアのドル債市場 [有料会員限定]

 調査会社ディールロジックのデータによると、アジア(日本、オーストラリアを除く)におけるドル建て債券発行額は7~8月の2ヵ月間に393億ドル(約4兆3600億円)に達し、過去最高を記録した。背景には中…続き (9/19)

中国でのリコールで打撃必至の独フォルクスワーゲン(VW)=ロイター

ロイター

[FT]VWが中国で大量リコール、タカタ製エアバッグ欠陥で [有料会員限定]

 独フォルクスワーゲン(VW)はエアバッグ問題に関して、中国で販売した486万台をリコール(回収・無償修理)する。VWは今年、中国で品質や販売に関するトラブルが続出しており、さらなる打撃となる。
 中国…続き (9/15)

ニュージーランドの情報機関から捜査を受けているジャン・ヤン氏=AP

AP

[FT]NZ議員スパイ疑惑、民主主義につけ込む中国 [有料会員限定]

 開放性、多様性、寛容性は、世界の自由民主主義国の最大の強さだ。だが、中国のような独裁的な体制にとっては、これらの特性はつけ込むのに適した脆弱性だ。
 本紙フィナンシャル・タイムズが13日に報じた通り、…続き (9/15)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]