アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]香港の大富豪失踪 中国が送った恐怖のサイン

(2/2ページ)
2017/2/6 6:30
共有
保存
印刷
その他

 ブルーカラーの億万長者であるドナルド・トランプ氏がワシントンで権力を握る数年前に、習氏は「中国の特色あるポピュリズム(大衆迎合主義)」に乗り出した。腐敗した政府・党関係者と、ゆがんだレーニン主義の甲羅の下にともに巣くっていた億万長者クラスの富豪を標的にした動きだ。

 党最高幹部の息子である習氏は自身をブルーカラーの太子党として打ち出した。彼が富裕層に対して仕掛けた戦いは大衆に受けた。

 肖氏は身の危険を知っていたように見える。同氏は昨年、定評ある富豪ランキングで、中国で32番目の資産家にランキングされた。名前の載った多くが刑務所入りする羽目になることから、一部で「死のリスト」と呼ばれるものだ(当のランキングを集計する調査員らは、最初、肖氏が中国一の富豪だと計算したが、それに対して肖氏が自分は見た目よりもずっと貧しいと激しく訴えてきたと話している)。

■コネと絆で肥えるカモだが…

 肖氏がなぜ、これほどあからさまな作戦で香港から連れ去られたのか、正確なところはっきりしない。本人が数日後に姿を現し、すべて誤解だったと主張する可能性はある。だが、この一件がすでに、中国という国家が伸ばす長い腕から誰も逃れられないと見せつけたことは間違いない。

 肖氏を知る一部の人は、今回の拉致は、同氏が親密だったどこかの政治派閥へ出された警告だったか、あるいは中国の最高幹部らのビジネスについて同氏が知り過ぎていたか、どちらかだと考えている。一方で、肖氏が保有する大手金融機関の大量の持ち株を共産党が国有化しようとするかもしれないと見る人もいる。

 今回の件に通じたある人物はこう話す。「中国の億万長者はカモと似ている――政治的なコネと党幹部との緊密な絆で肥えていくが、どこかの時点で、皇帝はフォワグラを食いたいと心に決めるのだ」

By Jamil Anderlini

(2017年2月2日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

郭氏はツイッターを通じて王岐山氏を批判してきたが、その狙いは定かではない

[FT]逃亡中の中国人富豪、ツイートで共産党大会かく乱 [有料会員限定]

 中国共産党内で起きることは中国共産党内にとどまると考える人がいたとすれば、米ニューヨークに身を隠す決意の固い批判者がその考えが間違っていることを証明した。
 今週開催される5年に1度の共産党大会では、…続き (10/19)

北京のビジネス街でも大気汚染が深刻=ロイター

ロイター

[FT]中国、汚染取り締まり強化で多数が操業停止 [有料会員限定]

 中国では環境査察が相次いで実施され、工業化学製品やゴムの製造などを手掛ける何万もの工場が操業停止となっている。これが価格上昇を招き、国際的なサプライチェーン(供給網)に一部混乱をきたしている。
 この…続き (10/13)

中国共産党大会を控えて北京の天安門広場に設置された記念の装飾=AP

AP

[FT]エアビー、中国党大会で北京の予約キャンセル [有料会員限定]

 世界最大手の民泊仲介会社エアビーアンドビーは、来週から始まる中国共産党大会を控えた当局による北京での取り締まり強化を受け、市内中心部の10月末までの予約をキャンセルした。
 18日から始まる5年に1度…続き (10/12)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]