/

この記事は会員限定です

最高裁グーグル判決が残した4つの課題

編集委員 関口和一

[有料会員限定]

米インターネット検索サイト大手、グーグルに対し、過去の逮捕歴に関する情報表示を削除するよう求めた仮処分申請で、日本の最高裁判所が削除は認めないという決定を下しました。検索サイト側の「表現の自由」と表示される側のプライバシー保護を天秤(てんびん)にかけ、表現の自由の方が優先すると判断した結果です。欧州では検索サイトに対し情報削除を義務づけた「忘れられる権利」が判例で確立しており、日本でも最高裁がこれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン