「日の丸技術」タイで開花 東レがバイオ燃料事業化へ

(1/2ページ)
2017/3/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タイで、日本企業が相次いでバイオ燃料関連事業に乗り出す。東レは2017年1月、三井製糖との合弁会社をタイに設立した。サトウキビの搾りかすであるバガスから、バイオエタノールの原料となるセルロース糖を製造する技術の実証を始める。

三井製糖の関連会社の製糖工場に実証プラントを建設し、2018年から稼働開始する計画だ。2022年度(2023年3月)まで実証を続け、事業化の可否を判断する。

■「膜のデパート

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]