/

この記事は会員限定です

ドゥテルテ大統領、反発根強い戒厳令に意欲

[有料会員限定]

フィリピンのドゥテルテ大統領が戒厳令の発動を模索し始めた。権限を強めて、犠牲者を出すこともいとわない姿勢で臨む麻薬犯罪捜査を、さらに強硬に推進する狙いがある。フィリピン国民の多くにとって、戒厳令はマルコス独裁政権下の弾圧を想起させる"禁じ手"だが、ドゥテルテ氏は内外に渦巻く不安をよそに戒厳令への意欲を強めている。

「必要だと思ったら、戒厳令を敷くだろう。だれも私を止められない」。ドゥテルテ大統領は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン