2019年6月27日(木)

政治の限界を超えて 私心捨てられるか
気がつけばそこに(4)

2017/2/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「血筋が悪い」。中国河南省。文化大革命が始まった1966年春、高校3年生だったSF作家の王晋康氏は目の前が真っ暗になった。地主の家に生まれ育った。それだけで、つるし上げの格好の標的となった。

■人よりも信頼

毛沢東による権力闘争、文革は政治の残忍さを示した。最初は反発した王氏もやがて文革に共鳴。文章力を生かし敵対幹部を批判する壁新聞を書いた。「毛主席万歳」。67年秋、北京。パレードで毛沢東を見て紅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

SF作家、王氏の作品にはAIが登場するようになった

毛沢東かAIか SF作家が振り返る文革[有料会員限定]

2017/2/2 2:00
「献体」されたイヌ型ロボットAIBOの葬儀が営まれた(千葉県いすみ市の光福寺で)

「好き嫌い」があるAIロボット[有料会員限定]

2017/1/31 2:00
従業員と部署の相性を点数化した画面を見ながら、人事戦略を考える

「退職率下がった」 AI人事に偏見なし[有料会員限定]

2017/1/30 2:00
AIでレシピを作ったビールを販売するインテリジェントXブルーイング共同創業者、ヒュー・リース氏

AI醸造でビール 1万人の声を「調合」[有料会員限定]

2017/2/1 2:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報