/

この記事は会員限定です

きゅうり等級判別、移住支援も…AI活用急拡大

[有料会員限定]
日経コンピュータ

工場の生産ライン、株取引、農家、コンビニ、旅館、病院――。深層学習(ディープラーニング)を中心にAI(人工知能)に挑む企業や組織が相次ぎ登場している。手間のかかる作業を効率化する、人間が気付きにくい現象を発見、などの効果を狙う。AIなしでは企業活動が成立しない時代が早晩、到来しそうだ。

「工作機械が、人間の作業員が気付かない異常を自ら検知し、知らせてくれるようになる」。工作機械メーカーであるオークマの家城氏は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5689文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン