/

この記事は会員限定です

「トランプ砲」日銀に向かうか 当面首脳会談に注目

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「金融政策はあくまで物価安定目標の早期達成のためにやっており、為替水準の安定は目標にしていない」。日銀の黒田東彦総裁は31日の記者会見でこう語った。長期金利をゼロ%程度に固定する日銀の政策はデフレ脱却という国内目的のために手掛けており、「通貨切り下げ競争の回避」という国際的な了解事項に反しないとの立場を改めて示したものだ。ただ日銀緩和策が結果として円安誘導効果を持ちうるのも事実。日本側には対日貿易赤字...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン