2019年2月22日(金)

習主席の母校が担う対トランプ工作  編集委員 中沢克二

(1/2ページ)
2017/2/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自国最優先を掲げる米大統領、トランプの登場で対米戦略の練り直しを迫られる中国。それでも国家主席の習近平には、大きな期待を寄せる対米パイプがある。先にスイスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、その一端が垣間見えた。

「ビジネスで対トランプ工作を担う地下水脈の一つは、習近平の出身大学にある」。北京で政治・経済両面から中国の対外戦略を研究する人物の言葉は、米中経済関係の隠れた側面を示…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報