ランナー集まれ

フォローする

快適なヒューストンマラソン 偽の余裕が失速招く
編集委員 吉田誠一

(1/3ページ)
2017/2/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

久しぶりに米国の大会で走りたい。声援がすごいからなあ。どうせなら未知の土地がいい。テキサス州なんてどうだろう。1月15日のヒューストンマラソンに挑んだ動機はそんなところだ。

55歳になった1月13日の昼、成田をたった。その直前、大会主催者から注意喚起のメールが届いた。「今回は記録更新を狙う気象条件ではありません。ペースを落としてください」。その配慮はありがたい。しかし、うれしい通知ではない。

「ゆっくり走って」の注意喚起

最初から上半身は裸のランナーもいた

最初から上半身は裸のランナーもいた

気温が高くなるのは、それ以前に天気予報のサイトをあちこちのぞき承知していた。最高気温が28度になるというとんでもない予報もあった。

ふだんは天気予報がはずれ雨が降ったりすると、頭にくるというのに、こういうときだけは「はずれてください。もう天気予報に文句は言いませんから」とお願いする。せっかくヒューストンまで飛ぶのですから、せめて20度まででお許しください。

しかし、主催者は祈っても仕方がないと判断したのだろう。「ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり走ってください」と念を押した。

同じく13日の午前7時にヒューストンに到着した。この日の最高気温は25度。平年より8度高いらしい。ほとんどの人が半袖シャツで歩いている。マラソンを走るわけでなければ、しのぎやすくて最高だろう。

天を恨んでも仕方がない。振り返ってみると、気象条件がバッチリだった大会などほとんどない。暑かったり、寒すぎたり、風が強かったり、雨が降ったり。それが嫌なら空調の効いた室内で走るしかない。

そもそも、何事も自分が望んだとおりにはならない。自分を中心に世界が回っているわけではないし、世界は自分のためだけにあるわけではない。別にそれは悲しいことではない。

結局、レース当日の15日の最高気温は24度(最低は17度)だった。同日の東京の最高気温が5度。私の体はかなり困った状態にあったと思うが、それがタイムにどの程度、響いたのかはわからない。

レースのスタートは午前7時。だから3時半に起きて朝食を取る必要があった。しかも時差が15時間。体内時計はぐちゃぐちゃで「いま何時?」という感じだったかもしれない。

発着会場のコンベンションセンターはダウンタウンにあるので歩いていける。5時すぎにホテルを出たが、全く寒くない。

予想していなかったことだが、この大会はものすごくよくできている。参加者が快適にレースを楽しめる。これまで経験した大会の中で最高の部類に入る。「☆」5つなのは間違いない。

ストレスをゼロにする大会設計

昼過ぎは雨がパラパラと落ちる時間帯もあった

昼過ぎは雨がパラパラと落ちる時間帯もあった

この快適さの源は発着会場のコンベンションセンターのスケールの大きさにある。ハーフマラソンを合わせると1万5000人もの参加者が集まるのに、入場時に混み合わず、あり余るほどのスペースでゆったりできる。

仮設トイレがフロア内にたっぷり用意されているので、それほど並ばずに済む。トイレはスタートブロックにもたくさん並んでいる。荷物預かり所も混まない。キリスト教のミサが執り行われる一角まであるのだから驚く。

ゴール後はパイプ椅子が並べられているのもうれしい。椅子に腰掛けて着替えができる。大規模なフードコートがあり、おいしいわけではないが、無料で飲食ができる。信じられないほどの座席数なので混み合わず、働くボランティアがテキパキしていて気持ちがいい。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「ランナー集まれ」

コラム「ワイルドレース戦記」

電子版トップスポーツトップ

ランナー集まれ 一覧

フォローする
ロンドンで開かれた「オリンピックパーク5K&10K」

 旅に出ると、宿泊先は近隣にランニングコースが取れそうなところにするし、都合がつけば、その地の大会に出てみる。
 休暇でロンドンを訪れる直前に近郊の大会を探してみると、距離の短いものがいくつか見つかった …続き (2018/2/13)

懸命にゴールを目指す出場ランナー(はが路ふれあいマラソン)

 昨秋からの私のマラソンシーズンはかなり悲惨なものになっている。厳しく冷え込んだ昨年12月17日の、はが路ふれあいマラソン(栃木)は3時間50分43秒に終わった。後半、粉雪がちらつき始めた極寒との闘い …続き (2018/1/30)

子どもたちは広い空間を与えられると、はしゃぎ始める。これがランニングの原点(いわきFCのスポーツ教室)

 2004年11月の初マラソンの記録(ネットタイムで3時間52分40秒)を下回るのは、いつになるのだろう。なるべく先延ばししたい、しかし、そろそろ時間の問題かもしれないと近年、感じていた。
 何しろ、2 …続き (2017/12/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]