2019年5月19日(日)
スポーツ > 相撲 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

たたき上げ 昭和の趣 稀勢の里の相撲道(下)
「模範になる」素朴な誓い

2017/1/26 2:30
保存
共有
印刷
その他

初場所14日目に初優勝が決まった時、喜びの声は「うれしいですね」のひと言だった。場所中の稀勢の里は多くを語らない。「(白鵬が負けての優勝を)過剰に喜ぶのも……。場所もまだ終わっていなかったから」と述べたのは場所後のことで、素朴な感想に添えられたのは、ほおをつたう一筋の涙だけだった。

横綱昇進の伝達式後、笑顔でポーズをとる稀勢の里(25日午前、東京都千代田区)

横綱昇進の伝達式後、笑顔でポーズをとる稀勢の里(25日午前、東京都千代田区)

先代師匠の故・鳴戸親方(元横綱隆の里)の「勝敗にかかわらず、土俵では感情を表に出すな」という教えが胸にある。2010年に白鵬の連勝を63で止めた一番でも、にこりともせずに勝ち名乗りを受けた。

角界は連日大入りの好況にあり、個性豊かな力士がそろう。モンゴル出身の3横綱も三者三様だ。白鵬は唯一無二の大横綱。スピードと闘争心の日馬富士、技巧の鶴竜にもひいきがいる。モダンで洗練された遠藤や勢に新たなファンがつき、巨漢をなぎ倒す石浦や宇良の姿も国技館を盛り上げる。支度部屋を見わたせば多士済々、多くはにぎやかで弁が立ち、勝った後に花道で付け人とハイタッチする者もいる。

そこに、への字口で部屋の上がりかまちに鎮座する力士がひとり。冗舌のなかの稀勢の里の沈黙はかえって目立つ。ファンだという元横綱審議委員の内館牧子氏(脚本家)は、その魅力を「昭和時代のメンコに描かれた力士のような清廉さ」と評する。武骨で素朴で力持ち、そんなクラシックなお相撲さん。

中卒たたき上げという、かつては当たり前だった稀勢の里の履歴もいまや希少になった。初場所の幕内力士42人のうち外国出身が15人。残る日本勢で遠藤や正代、御嶽海ら次代を担う逸材は軒並み学生相撲出身である。

"たたき上げ組"の浅香山親方(元大関魁皇)は「15歳から(厳しいプロの世界で)努力して少しずつ強くなる姿が応援される。本物の強さを築くには5年、10年とかかるから」と話す。確かに、歴代の横綱はほぼ中卒たたき上げだ。

駆け出しの「萩原」時代もよく知る元兄弟子の西岩親方(元関脇若の里)は「入門当初から(角界一厳しい稽古で知られた)部屋で誰よりも稽古した。泥まみれ、血まみれになってね」。こうした血と汗の物語も好角家の心をくすぐるのか。破格の声援が集まるのもむべなるかなだ。

「尊敬される横綱、力士の模範になりたい」。寡黙な口が語った素朴な誓い。難しい四字熟語はなくても、覚悟のほどを雄弁に伝えていた。

(田村城)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
17年春場所13日目、稀勢の里は土俵下に落ち、左胸付近を押さえながら動けなくなった

 大相撲の横綱稀勢の里が引退を決断した。2017年1月の初場所で悲願の初優勝を果たして横綱に昇進、翌3月の春場所もけがを抱えながら22年ぶりの新横綱優勝を飾った。新時代の扉が開いたかにみえたが、そこか …続き (1/16)

現役引退の記者会見で涙を見せる横綱稀勢の里=共同共同

 17歳で新十両、18歳で新入幕、19歳で新三役。歴代の大横綱をなぞるようなスピード出世だったことを思えば、稀勢の里が横綱としての責任を全うしたとはいえない。だが、優勝2回という記録以上に鮮烈な記憶を …続き (1/16)

日本相撲協会に退職届を提出し、記者会見する貴乃花親方(25日午後)

 25日に日本相撲協会に退職届を出した大相撲の貴乃花親方(元横綱)。無所属だったが、5つある一門に所属できずに追い詰められたことが退職の一因になったとの見方がある。そもそも大相撲の一門とはどういうもの …続き (2018/9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]