紙幣廃止で「物々交換」社会に退化? インド農村の現実

2017/1/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年11月に流通紙幣の9割弱が無効になったインドの農村で、物々交換が復活している――。そんな地元ニュースを海外メディアも引用して報じ、「モディ首相の浅慮が、経済システムを退化させている」との印象を世界に拡散する。だが本当に農村社会は後退しているのか。1300キロの道のりを車に揺られ「物々交換復活」と報じられた3つの村を実地調査してみた。

アルミの器、代金はココナツ払い

穀物や野菜、古紙を載せた小…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]