/

この記事は会員限定です

悩めるミセス・ワタナベ 持ち高再び最少に

経済部 南毅郎

[有料会員限定]

外国為替証拠金(FX)取引で「ミセス・ワタナベ」と呼ばれる個人投資家が様子見姿勢を強めている。QUICKがまとめた店頭FXの建玉状況によると、ドルやユーロに対する持ち高は過去最低を更新。トランプ米大統領の就任にあわせて取引を手控えたのに加え、相場観が揺らいでいるのが背景だ。急激な円安・ドル高を演出してきたトランプ相場が調整局面を迎えるなか、得意とする個人の円売り・ドル買いは期待しづらい状況にある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン