/

関西初の芝生軌道 大阪「阪堺電車」、移設で大変身

日経コンストラクション

大阪市と堺市を結ぶ路面電車の阪堺電気軌道(阪堺電車)。日本一高い「あべのハルカス」がある天王寺駅前から出発する上町線の線路の一部が移設し、関西初の芝生軌道が姿を現した。新たな駅舎や軌道は2016年12月3日から供用を開始した。2016年9月時点の写真とともに、その新旧の軌道を比較する。

JR天王寺駅を背にして阪堺電車上町線の天王寺駅前停留所を見る。既存の複線線路の隣に新たな軌道や架線柱が姿を現した(写真:大野 雅人)
新軌道設置工事前の天王寺駅前─阿倍野間。2014年3月に撮影。クルマや歩行者が線路内を行き来できる併用軌道だった(写真:大野 雅人)

都市計画道路長柄堺線(あべの筋)に敷かれた阪堺電車上町線の天王寺駅前─阿倍野間、約500mのひと駅区間の線路を、西側に新たな軌道を造って移設する。センターポールによる架線や芝生を取り入れ、天王寺駅前停留場・駅舎の新設、阿倍野停留場ホームの新設なども実施した。

天王寺駅前電停と阿倍野電停の間を行く電車は、12月3日から新たな線路を走っている。阿倍野停留場下りホーム(我孫子道・浜寺駅前方面)や天王寺駅前停留場地下通路のリニューアルは移設後も工事が続き、2017年度中の供用開始を目指す。

工事名は「都市計画道路長柄堺線拡幅整備に伴う阪堺電気軌道上町線移設工事」。工期は2015年7月から2017年12月まで。新たな軌道を造りながら、天王寺駅前、阿倍野の順に停留所の新設工事などを実施した。発注者は阪堺電気軌道、施工者は土木・建築工事が南海辰村建設・奥村組JV(共同企業体)、線路設備工事が南海辰村建設。

阪堺電気軌道上町線移設工事の位置(資料:阪堺電気軌道)

併用軌道だけど"併用"じゃない

阪堺電気軌道上町線移設工事によって、天王寺駅前停留所付近は近代的なLRT(次世代型路面電車)のイメージに近づいた。

天王寺駅前停留所の新ホームを出た電車は、単線から複線へと分岐するポイントを越え阿倍野停留所へと向かう。新軌道上にはセンターポールや芝生を設置する(写真:大野 雅人)

新駅舎は、直線と曲線を組み合わせた2階建て鉄筋コンクリート造。2階部分は詰め所などに使う。地上の停留場ホーム階と、地下通路階、阿倍野歩道橋階(2階付近)を結ぶエレベーターを新設するなどしてバリアフリーに対応する。

天王寺駅前停留所と阿倍野停留所の間の新たな軌道は、コンクリート造の路盤にレールを埋め込む剛質構造を、天王寺駅前停留所付近の線路はコンクリート製枕木を採用。新ホームの高さは既存ホームよりも5cmほど高くなっているようだ。

コンクリート造の路盤にレールを埋め込む剛質構造を採用した新軌道(写真:大野 雅人)

新軌道移行によって大きく変わるのは、クルマや歩行者との関係だ。これまでは併用軌道で線路内を自動車や歩行者が行き来できたが、阪堺電車によれば、「新たな軌道は、併用軌道でありながらも制限区域を設けたイメージ」だという。一部区間には関西初という芝生を植えた。

あべの筋に敷かれた既存レールを見ると、大きく波を打っているのがわかる。この上を行く電車は、この波打つ線路によって、上下に揺れながら走っていた。新軌道への移行でこの揺れも低減された。

2016年12月2日までの既存線路。大きく波打っているのがわかる(写真:大野 雅人)

現状の片側1車線を拡幅、渋滞解消へ

12月3日から新軌道へ移った阪堺電気軌道上町線の天王寺駅前─阿倍野間。その阿倍野停留所を見ると、複合施設「あべのベルタ」寄り(西側)に上り(天王寺駅前方面)用の屋根付き新ホームが建っていた。

阿倍野停留所には屋根付きの新ホームが出現。既存の線路・ホームを撤去すると、片側1車線の車道が拡幅する(写真:大野 雅人)

新たに屋根が付いた阿倍野停留所ホームは、スロープで地上とつながり、車いす利用者などに配慮した構造になっている。下り(我孫子道・浜寺駅前方面)の新ホームは2017年度中に供用開始となることから、既存線路の撤去に併せて上りホームと同様の屋根付きホームができ上がるだろう。

この阿倍野交差点付近は、新線移行後に既存ホームを撤去し、住吉方面車道(南行車道)などの車線が増える予定。大阪市によると、あべの筋の天王寺駅前─阿倍野間は、線路移行・旧線撤去が進むと、南行車道(堺市方面)が基本2車線に、北行車道(大阪市中心部方面)が3車線になる。朝夕を中心にあべの筋方向の渋滞が発生していたが、新ホーム・新軌道へと移行することで渋滞も緩和すると見込む。

天王寺駅前停留場から阿倍野停留所方を見る。大阪市中心部方向(写真右)は2016年9月時点で片側2車線(写真:大野 雅人)

あべの筋は大阪中心部を南北に貫く主要幹線道路だ。これまで阪堺電車の線路が中央部にあり、車道の一部には片側1車線区間もあった。大阪市によれば、この拡幅整備と、道路西側で進む阿倍野再開発事業などで阿倍野交差点の渋滞解消を目指す。

また、新たな天王寺駅前停留所ホームが既存ホームより30mほど阿倍野側に移ったことなどから、阪堺電車は「新線への切り替えで、一部区間の営業キロ程を変更する」と伝えている。

新旧の天王寺駅前停留場。新たな2階建て駅舎などで、歩道橋から停留所に止まる電車が見えた光景は過去のものになる(写真:大野 雅人)

(フリーエディター 大野雅人)

[日経コンストラクションWeb版2016年12月1日付の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン