Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]混戦の仏大統領選、躍り出た穴馬(社説)

2017/1/24 15:05
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 欧州全域で中道左派政党は窮地に陥っている。ギリシャとスペインでは、緊縮財政に対する反発が急進左派の台頭を引き起こした。北欧では大部分の国で、極右のポピュリズム(大衆迎合主義)政党が反移民感情と欧州連合(EU)への懐疑の高まりを追い風にしている。伝統的な社会民主主義政党のジレンマがどこよりも深刻なのがフランスだ。オランド大統領の支持率が壊滅的な水準に落ち込んで社会党は混乱、支持者がマリーヌ・ルペン氏の極右政党、国民戦線(FN)に流れている。

 オランド氏の後継候補を決めるレースで現在トップに立つのが、左翼の反主流派で理想主義の一面を持つアモン前国民教育相だ。知名度は比較的低かったが、社会党の大統領予備選の第1回投票で本命候補だったバルス前首相を2位に蹴落とした。このまま決選投票で候補指名を勝ち取る公算が大きいが、大きな波紋を広げることになるだろう──自身が属する社会党と、欧州の今後に極めて重要な意味を持つ選挙の結果の両方に対して。

 社会党支持者にとってアモン氏の大統領候補指名は、オランド氏と党内改革派が追求したリベラルな企業寄りの政策が、一定の成功は収めたもののはっきりと拒絶されたことを表す。また、バルス氏が首相として党を中道寄りに動かし、移民問題とフランスの世俗主義に対して強硬な姿勢を取ったのに対し、社会党の伝統的な優先課題が再確認されたということにもなる。

 これはリスクを伴う針路となるが、必ずしも愚かしくはない。世論調査は、誰が選ばれても社会党の候補は大統領選の第1回投票で落選すると示唆している。保守派のフィヨン元首相、中道のマクロン前経済産業デジタル相、ルペン氏が優勢だ。それでも急進派のアモン氏は、どうしてもオランド政権の失政と結びつけられてしまうバルス氏よりも有権者の熱気を呼びやすい。また、細かい派閥に分裂した社会党を結束させ、共通のビジョンを核に党再編を始めやすい立場にもあるかもしれない。

 加えて、共通点を指摘される英国のコービン労働党首と異なり、アモン氏はフランスを過去に引き戻そうとはしない。ロボットへの課税やベーシックインカム(基礎所得保障)の導入という提案はユートピア的かもしれないが、グローバル経済の性格の変化を踏まえている。

■候補の選択肢はルペン氏だけではない

 しかしながら、社会党予備選の真の勝者はマクロン氏のように見える。マクロン氏は多くの点でバルス氏と考え方が一致するが、独立系候補として立つことを選んだ。マクロン氏は、本来ならライバルに投じられるはずの中道左派票の多くをすくい取れる状況になった。また、アモン氏がFNに流れていたブルーカラー労働者の有権者の一部を引き戻せれば、マクロン氏は決選投票進出への道がよりはっきり見えてくるだろう。

 とはいえ、政治経験に乏しく政党基盤を持たないマクロン氏は依然、厳しい戦いに直面している。今のところ大きな資産は楽観主義と現代性、社会的流動性を高めるという約束、既存政治からの決別を象徴する存在というイメージだ。社会党の幹部らが支持に回る可能性もあるが、政策課題に影響力を振るおうとする思惑も絡んでくると、マクロン氏は手放しで喜べない。独立の立場を維持するために、政策を詳しく打ち出し始める必要がある。

 選挙のたびに同じ政治家と同じ政策が居並ぶのにうんざりしているフランスの有権者にとって、今年の選挙戦はいくらか期待を持てる展開になっている。ルペン氏の訴求力はなお強く、これからの数カ月は神経がすり減るような日々になるだろう。だが、過去との決別を象徴する候補はルペン氏だけではない。既存政治に見捨てられていると感じ、政治システムを揺り動かしたいと思う有権者には、明らかに別の選択肢がある。

(2017年1月24日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ニューヨーク市は自動車であふれている(5月、繁華街のタイムズスクエア)=AP

AP

[FT]GM、ニューヨーク市で自動運転車試験へ [有料会員限定]

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は、世界有数の交通渋滞を抱えるニューヨーク市で初の自動運転車の走行試験を行う。自動運転車の開発をめぐっては、在来の自動車メーカーがハイテク大手と主導権を争っている。
 G…続き (10/18)

米トランプ政権が貿易紛争処理の機能をまひさせないか、不安が増している=AP

AP

[FT]EUが恐れるWTO内部崩壊シナリオ [有料会員限定]

 欧州連合(EU)の通商政策を担う最高幹部が、トランプ米政権が世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関への判事任命を阻止し続けていることを批判し、米政府の立場はWTOを内部から破壊する恐れがあると述べた。…続き (10/18)

クルツ党首を前面に押し出した国民党の選挙ポスター(16日、ウィーンの国会議事堂前)=ロイター

ロイター

[FT]権力の座に近づいたオーストリア極右政党(社説) [有料会員限定]

 3月にオランダ国民は異端の極右政治家ヘルト・ウィルダース氏と一線を画し、5月にはフランスでマリーヌ・ルペン氏が敗北した。欧州の極右ポピュリズムは抑え込まれたと思いたくなるのも当然だった。しかし先月、…続き (10/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<10/16の予定>
  • 【国内】
  • 10月のQUICK短観(8:30)
  • 10月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 9月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 8月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 3~8月期決算=東宝
  • 【海外】
  • 9月の中国消費者物価指数(CPI、10:30)
  • 9月の中国卸売物価指数(PPI、10:30)
  • 9月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 8月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 10月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 海外7~9月期決算=ネットフリックス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/17の予定>
  • 【国内】
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • ブリヂストンの中期経営計画説明会(15:00)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(3日開催分、9:30)
  • 7~9月期のニュージーランド消費者物価指数(CPI)
  • 10月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • 9月の英CPI(17:30)
  • 9月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 9月の米鉱工業生産(22:15)
  • 9月の米設備稼働率(22:15)
  • 10月の米全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 8月の対米証券投資(18日5:00)
  • 7~9月期決算=ゴールドマン・サックス、IBM、モルガン・スタンレー、ユナイテッドヘルス・グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/18の予定>
  • 【国内】
  • 国の債務管理の在り方に関する懇談会(財務省、10:00)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 桜井日銀審議委員が函館市金融経済懇談会であいさつ(10:30)
  • 清田日本取引所CEOが講演(11:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 三菱自の中期経営計画説明会(15:15)
  • 9月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 8月の対米証券投資(5:00)
  • 中国共産党大会が開幕(10:00)
  • 6~8月の英失業率(17:30)
  • 9月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • ニューヨーク連銀のダドリー総裁とダラス連銀のカプラン総裁が討議に参加(21:00)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック、19日3:00)
  • 7~9月期決算=アメリカン・エキスプレス、イーベイ
  • シンガポール、マレーシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/19の予定>
  • 9月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 鈴木日証協会長の記者会見(13:30)
  • 飯盛信託協会長が記者会見(14:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(14:30)
  • 平野全銀協会長が記者会見(16:30)
  • 9月の豪雇用統計(9:30)
  • 7~9月の中国国内総生産(GDP、11:00)
  • 9月の中国工業生産高(11:00)
  • 9月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~9月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~9月の中国不動産開発投資(11:00)
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 9月の英小売売上高(17:30)
  • 10月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 9月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 海外7~9月期決算=ベライゾン・コミュニケーションズ、トラベラーズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<10/20の予定>
  • 閣議
  • 8月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 9月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 9月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 黒田日銀総裁が全国信用組合大会であいさつ(15:35ごろ)
  • 4~9月期決算=東京製鉄
  • 9月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • インドが休場
  • 9月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • クリーブランド連銀メスター総裁が討議に参加(21日3:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(21日8:30)
  • 海外7~9月期決算=ゼネラル・エレクトリック(GE)、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]