2018年4月22日(日)

ブリヂストン、サトウキビから高性能タイヤ素材
天然ゴム上回る耐久性と低燃費

コラム(ビジネス)
2017/1/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ブリヂストンが強度に優れる天然ゴムの性能を超える合成ゴムの実用化を急いでいる。再生可能なバイオマス(生物資源)素材から抽出した成分に特殊な触媒を加え、高い耐久性と低燃費性を持つ新しい合成ゴムを開発することにこのほど成功した。天然ゴムは産地の9割がアジアに偏るなどリスクがある。量産技術の確立にめどをつけ、2020年代の実用化を目指す。

■植物を発酵、抽出した物質から合成

 「天然ゴムは農作物。病害や人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

病害リスク、バナナでは深刻な事態に



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報