トップ > 特集 > 私見卓見 > 記事

日本の「移民問題」に向き合おう 毛受敏浩氏
日本国際交流センター執行理事

2017/1/23 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

労働人口の減少であらゆる分野で人手不足が深刻になっている。観光地の旅館からは仲居さん不足で予約を受けられないという声を耳にする。介護施設からは「数年で介護パニックが起こる」との悲鳴も聞こえる。女性や高齢者の活躍推進だけで解消するとは思えない。外国人の受け入れについて真剣に向き合わざるを得ない。

注視すべきは日本に住む外国人が急増している事実である。2013年末から3年間で20万人が増加し、昨年6…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]