2017年11月21日(火)

高効率・省資源・軽量化実現、30年「クルマの新材料」

科学&新技術
(1/2ページ)
2017/3/3 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2030年のクルマは電動化や自動運転で大きく変わる。しかし、変革はそれだけではない。

 2020年代に実用化される材料の一世代先の材料が登場しているだろう。電池、モーター、インバーターといったパワートレーン、外装・内装のボディー、さらに希少資源を置き換える新材料の芽が生まれつつある。

 新しい材料がクルマに採用されるためには、民生用の電子機器以上に困難が待ち受けている。その第一の理由が、使用量の多さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報