/

米大統領就任式はなぜ1月20日?

米大統領の就任式は、当初は春だった。

ジョージ・ワシントン初代米大統領は1789年4月30日、ニューヨークで就任した。その後、議会が就任式を3月4日と定めた。3月にしたのは、大統領選から就任式まで準備の時間を設けるためだったとされる。

しかし技術の発展で数カ月もの準備期間は不要になった。また1929年からの世界大恐慌を受け、新大統領が早急に政策を打ち出す必要に迫られたことなどから、33年に議会が憲法改正で就任式を1月20日と定めた。(ワシントン=芦塚智子)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン