蓄電池の設備容量は30年に250GWまで成長へ

2017/1/18 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は2017年1月15日、「再生可能エネルギーの設備容量と発電出力に関し、太陽光発電が最も早く成長する」「新しい蓄電技術が様々な再エネを成長させるうえでカギを握る」などの見通しを発表した。

IRENAの見通しでは、蓄電池の設備容量は現在の1GW未満から2030年の時点で250GWまで増加する可能性があるとしている。同機関がアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]