2018年8月20日(月)

一円玉大で1mW「振動発電」 無線IoTへの応用視野

科学&新技術
(1/2ページ)
2017/2/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 一円玉ほどの大きさで、身近にある振動から、従来よりも1桁大きな1mWの電力を発生する。このような振動発電デバイスを、空調・冷熱分野の制御機器などを手掛ける鷺宮製作所、東京大学、静岡大学が共同開発した(図1)。

 内蔵する0.4gの重りに周波数500Hz、加速度0.996Grms(rmsは実効値)の振動を加え、1.01mWrmsを発電することを確認した(図2)。2018年の実地試験、2020年の量産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報