/

この記事は会員限定です

設計・生産の効率2割向上 トヨタのクルマづくり改革

[有料会員限定]

トヨタ自動車が2016年12月14日に発売したSUV(多目的スポーツ車)の「C-HR」(図1)。2015年12月に発売された4代目プリウスに続く、「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の第2弾としても注目を集めた。

TNGAは、同社が進める"クルマづくりの構造改革"。部品の共通化/モジュール化を進めたプラットフォームが注目されがちだが、その対象はパワートレー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3559文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン