/

この記事は会員限定です

中国人杜氏 日本酒への思い

日本の中の中国

[有料会員限定]

晩秋から本格的に始まる日本酒造り。酒蔵の総責任者である杜氏(とうじ)や蔵人(くらびと)による寒造りが本番を迎えた。いま酒造業界で注目の人物が愛知県豊橋市にいる。日本の杜氏以上に杜氏らしいと評される中国人杜氏、王砿生氏(60)だ。今回の「日本の中の中国」では、中国人杜氏の日本酒造りへの思い、そして中国人杜氏による後継育成の姿を見つめる。

中国人杜氏誕生 日本の師匠からわずか3カ月で

1992年11月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン