/

この記事は会員限定です

月額約50ドルから 米で始まる「AI住宅」の魅力

ブレイン・オブ・シングスCEOインタビュー

[有料会員限定]

身の回りのモノにネットへの接続機能がついて便利になる「IoT」製品が増え続けている。だが、設定や認証が面倒で使いこなす人は限られる。そこで人工知能(AI)で家を丸ごとIoT製品にしてしまう「AI住宅」開発の動きが始まっている。AI開発の名門、米スタンフォード大の研究者が起業したベンチャー、ブレイン・オブ・シングスのアシュトシュ・サクセナ最高経営責任者(CEO)に、同社が開発した「AI住宅」の仕組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン