/

この記事は会員限定です

革新生む「アジャイル開発」、国内大手が熱視線

銀行や証券もピボタルジャパンと契約

[有料会員限定]

米ピボタル・ソフトウェアが日本国内でじわり存在感を高めている。もともとビッグデータ分析に必要なソフトウエアを販売する企業だが、革新的なアプリケーションやサービスそのものを素早く練り上げる手法が注目されている。IT(情報技術)で既存の事業モデルを覆す「デジタルディスラプション」の重要性が指摘される中、日本企業も熱視線を送っている。

「革新には、企業内の組織や文化の改革が重要」

「シリコンバレーとは地名ではなく、心の持ち方だ」。12月1日、六本木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン