革新生む「アジャイル開発」、国内大手が熱視線
銀行や証券もピボタルジャパンと契約

2017/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ピボタル・ソフトウェアが日本国内でじわり存在感を高めている。もともとビッグデータ分析に必要なソフトウエアを販売する企業だが、革新的なアプリケーションやサービスそのものを素早く練り上げる手法が注目されている。IT(情報技術)で既存の事業モデルを覆す「デジタルディスラプション」の重要性が指摘される中、日本企業も熱視線を送っている。

■「革新には、企業内の組織や文化の改革が重要」

「シリコンバレーとは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]