/

クルマ外装、塗らずに貼る フィルムに注目

中堅化学メーカーのデンカは1世紀続いてきた自動車の工法に変化を与えられるだろうか。同社は車の外装に塗料を塗るのではなく、フィルムを「貼る」手法を提案し始めている。引っかき傷への耐性など超えるべきハードルはあるが、車両の軽量化や二酸化炭素(CO2)排出量削減の要請にこたえる策のひとつになりうるという。

新たな外装デザインの手法は、成型会社の布施真空(大阪府羽曳野市、三浦高行社長)と開発してきた。

デンカが屋外の看板用や建物の内装用に製造してきたフッ素系の樹脂フィルムを改良して使う。布施真空が開発した成形装置にフィルムと部品を投入。気圧差を利用して、凹凸のある車の表面にフィルムをぴたりとくっつける仕組みだ。

フィルムを貼るのにかかる時間は15分ほどで、従来のように塗装と乾燥を何度も繰り返す必要はない。

多くの人がよく目にする「貼る」デザインは、バスや電車のラッピング広告などで、期間が限定された装飾だ。これらは深夜や早朝に人が手作業でこなしている。デンカの氏家喜則環境製品部長によると、同社が狙うのは「一時的な装飾ではなく、塗装の代替」。塗るという常識に挑もうとしているのだ。

追い風は世界中で厳格化が進む環境規制だ。氏家氏によれば、軽量化のために炭素繊維強化プラスチックを使うと表面に微細な凹凸ができるため、鋼板と比べて塗装しにくくなるという。フィルムはベースの素材を選ばず、色の種類も「塗料と遜色なくそろえられる」と氏家氏。

そもそも、重ね塗りの途中で何度も乾燥させるボディー塗装は、車両の製造工程のCO2排出量のうち2割を占める。トヨタ自動車は2050年に向けた環境対策として、塗装工程のてこ入れを掲げている。環境規制が工法転換をもたらすチャンスになりうる。

もっとも、多くの自動車・部品メーカーはすでに塗装設備を持っており、塗料の扱いにたけている。氏家氏は、工法転換をうながすのは容易ではなく「少し前までは門前払いだった」と話す。引っかき傷への耐性やコストなど、改善すべき課題もある。

ただ、デンカは変化の兆しを感じている。ある2トーンカラーの車種のパーツに、デンカ―布施真空の工法が採用されたのだ。山本学取締役専務執行役員は「これから2~3年で広がる可能性を秘めている」と語る。

将来はボディー全体での採用を目指す。遠くない未来に、貼るクルマが街中を走っているかもしれない。

デンカは16年7月、完成車や部品のメーカーとの取引拡大を目指し、専門組織としてAMS開発推進室を設けた。メーカーの要望をくみ取って、素材発の解決策をさぐるのが狙いだ。

塗装代替フィルムのほか、電磁波の吸収材料やリチウムイオン電池向けの材料などを提案する。現在は年300億円程度の自動車向け素材の売上高を、25年に1000億円に増やす構想を描いている。

素材メーカーでは大手から中堅まで自動車向けの強化を掲げる動きが目立つ。

たとえば、三菱ケミカルホールディングスは16年度に自動車部材のマーケティング拠点を北米、タイに設置。三井化学は同年度にモビリティ(自動車)という事業部門を新しく設けた。旭化成も同年4月にオートモーティブ事業推進室を設けている。

 30年には電気自動車など環境対応車の比率は新車の3割まで高まり、運転支援システムを積んだ車は5割に達する見込みだ。その過程で起こる部品や車両構造の変化は素材メーカーにとって大きな商機となる。

もっとも、うがった見方をすれば自動車以外にボリュームを稼げる目ぼしい新分野がないとも言える。医療関連に投資する企業もあるが、一つひとつの市場規模はさほど大きくない。

デンカの吉高紳介社長は「車は車でも、他社と一線を画した分野を攻めたい」と話す。外装用のフィルム開発は、素材企業としての未来を築くひとつの挑戦だ。

(企業報道部 佐藤浩実)

[日経産業新聞1月5日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン