/

この記事は会員限定です

ニッポンの難題を勝機に 2030年の主役を追え

[有料会員限定]

信号のない交差点を1人の男性が歩いている。その右手方向から走ってきた運転者のいない自動運転車から、ビューンという音と共に車両前面の空中に青い矢印が飛び出すと進行方向を空中に示した。男性はその矢印を見て車をやり過ごす――。

空中に立体映像

2030年にはそんな光景が日常になるかもしれない。ベンチャー企業のバートン(川崎市)はレーザー光を使い、空中の狙った位置に立体映像を描く技術の実用化を急ぐ。運転者と歩行者のあうん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン